Reading A-Zは絵本の宝庫

オレら英語圏BABYが英語を習得していくプロセスを疑似体験できる「英語の絵本の音読」はものすごくシンプルで英語経験ゼロの子も簡単にスタートできるんだ。

ただこのトレーニングには莫大な量の英語の絵本が不可欠だと言う問題がある。この問題を解決するのが英語塾 ABCも導入している「Reading A-Z」だ。

Reading A-Zとは?

アメリカの幼稚園や小学校のリーディングの副教材として使われていて29のレベル(aa, A, B, C … Z, Z1, Z2)に分けられた計2,000冊以上もの英語の絵本をパソコンやタブレットを使って読むことができる夢のシステム。例えば一番簡単なレベル「Level aa」は全部で97冊あるんだけどそのブックリストの一部がこんな感じ。

Reading A-Z: Level aa のブックリスト(一部)
Reading A-Z: Level aa のブックリスト(一部)

絵本をのぞき見!

Reading A-Zで一番簡単なレベルとされている「Level aa」の絵本をのぞき見するとページいっぱいに絵か写真がドーンと載ってて1ページに2〜3語の英語が書いてあるんだ。こんな風にね。


さらにReading A-Zはこの英語をすべて読み上げてくれるんだ。まるでオレら英語圏BABYのMom and Dad のような役割をしてくれるんだぜ。”The goat”の写真を見せながら”The goat”と語りかける。”The cow”の写真を見せながら”The cow”と語りかける。な、な、な、Momと一緒だろ。

出会いのチャンスは無限

Reading A-Z Level aa “Farm Animals”の絵本に登場する英単語は” animals / chicken / cow / dog / duck / goat / pig / sheep “の8つ。同じ Level aa の絵本”Jump Over”に登場する英単語は” cat / cow / deer / fox / girl / goat / horse / jumps / over “の9つ。


そう、お気付きの通り “cow”と”goat”はどちらの絵本にも登場している。1回で”goat”を覚えられなくても他の絵本でまた”goat”に出会えるチャンスがあるんだ。2回目、3回目、4回目…って無限にチャンスがあるってことは英語を身につける上でとっても重要なことなんだよ。

オレら英語圏BABYは異なる場所や状況下でくり返し”goat”を見たり聞いたりする。”goat”に出会うチャンスが無限にあって異なる情景や異なるフレーズとともに”goat”が記憶の引き出しに貯まっていく。そしていつどこで”goat”を見ても”goat”を認識でき、”goat”を聞いたら”goat”をイメージでき、”goat”について話したり書いたりすることができるようになるんだ。” goat = ヤギ ” と言う単語の暗記では得られない力を身につけることができるんだぜ。

前の記事

5級合格への道

次の記事

Y.H. 成長のキセキ