英語苦手なお母さんに自信を持ってオススメする!家庭で簡単にできる小学生の先取り英語勉強法と推しの英語教材3選

一生モノの英語が身につく!小学生の先取り英語

家庭で先取り 英語 を始める小学生が増えている。うれしい。

でも、もっと増えてほしい。

だって 英語 を身につける上で小学生と言う時期は正に黄金期。中学生が3年かかってやることを、小学生は1年で習得してしまう。

小学生のうちに 英語 を始めることは、時間だけじゃなく、労力、経済においても効率的なのだ。

だから小学生を持つお父さんやお母さんが、英語を始めるべきかどうか迷ってるんですと言うと、今すぐにご家庭でトレーニングを始めてください!と心の底から思う。

この記事では、私たちが運営する英語塾 ABCのスタートアップ・メンバー Miaka(*UCバークレー卒)が、英語苦手なお母さんにオススメする「家庭で簡単にできる小学生の先取り英語勉強法」と、彼女の経験と知恵に基づいた推しの 英語教材 を3つ紹介する。

思う存分、家庭学習に役立ててほしい。

そして英検、受験、留学、仕事にも使える一生モノの英語を身につけた子どもたちの、眩しいほどキラッキラッな将来を妄想する素敵な時間を共有したい。

*UCバークレー(U.C. Berkeley)は、アメリカ・カリフォルニア州立大学バークレー校のこと。Miakaが卒業した2011/2012は「世界大学ランキングで第10位」にランクインしている。(世界屈指のエリート校 U.C.Berkely 公式サイト

英語塾 ABCは、英検、受験、留学、仕事でも困らない一生モノの英語力を身につけるための塾。英検1級以上のバイリンガル講師たちが子ども時代にやっていた「音を聞いて、声に出して、英語のまま理解する」学習法で、バイリンガルを手に入れる!さぁ、新しい英語の世界へ。

英語 習得の近道は没頭だ!

アメリカの名門大学 UCバークレーを卒業し、日本語を流暢に使いこなすMiakaに 小学生 にオススメの 英語勉強法 を聞いた。

彼女から返ってきた答えは「immersion(没頭すること)」だった。

Miaka

U.S.A.

2013-2014 英語塾 ABC 講師

プロフィール

アメリカ・ラスベガス出身
University of California, Berkeley 卒業
大阪府立大学 獣医学類で獣医を目指す

英語塾 ABC 講師:Miaka

Miaka:

My English learning method of choice is immersion.

私がおすすめする英語学習法は「英語に没頭」することよ。

Read English books and comics, listen to western music, and watch television and movies in English as much as you possibly can.

できるだけたくさんの英語の本・マンガを読んだり、西洋音楽を聞いたり、英語のテレビ番組や映画を見るの。

Even if you don’t understand the words, this is still valuable practice.

言葉の意味が分からなくたって、価値のある練習になるわ。

Even without realizing it, you will be developing a feel for the flow of the English language.

意識せずに英語の感覚を発展させることだってできるのよ。

Do not be afraid to mess up. It may seem embarrassing to make a mistake, but when learning a foreign language, if you don’t make mistakes you cannot hope to improve.

失敗を恐れないで。間違いは恥ずかしいことじゃないわ。外国語を習うとき、間違わないと上手になれないの。

So, even if it is embarrassing at first, let’s try to be brave and enjoy our study of English!

だから恥ずかしくても勇気をだして、英語の勉強を楽しんで!

なんだ、そんなことかと肩透かし?ふふふ。

でもね、Miakaの言うように没頭は間違いなく英語習得の近道なんだ。

人は没頭すると時間を忘れて夢中になる。一日中考えを巡らし、失敗を恐れず試行錯誤をくり返す。没頭すると、時間と労力を惜しみなく注ぐ。

だから、確実に「学び」を得るんだよ。

20世紀最高の物理学者アインシュタインも、アップルのスティーブ・ジョブズも、没頭し学び続けた結果、偉業を成し遂げた。

日本の子どもたちが 英語 にどっぷりと浸り、没頭すればみるみる 英語 を習得することができる。

わが子の英語習得を願う親にとって、子どもたちが時間を忘れるほど 英語 に没頭するための環境づくりが最重要課題なんだ。

そう。これは没頭する子の情熱 と 親の忍耐 との戦いだ(笑)。

英語 に没頭できる環境とは?

私たちが運営する英語塾では、英語がキライって思ってる子にはまず「英語がスキ♡」って思えるように。

英語がスキ♡って思ってる子にはその思いをもっともっと大きく育てることに全力を尽くす。

子どもの情熱を育てるのは、大人からの信頼。つまり、褒めだね。

褒めると、どんな子でも笑顔になる。中学生だって、高校生でさえ、笑顔になって喜ぶ。

褒められると子どもたちは安心し、自信を持ち、楽しいと思うようになり、スキ♡って愛情が生まれる。

非難したり、間違いを間違いだと指摘し続けると、子の情熱はカチッカチに凍りつく。

子どもたちが英語に触れるとき、楽しいイメージを持てるようにすることが大人の大事な役割なのだ。

アメリカ人であり、UCバークレーの卒業生である Miakaは、大好きだった日本のマンガを読みまくって、自然と日本語を覚えた。

これだよ。

英語塾 ABCの他の外国人講師たちも、その9割がマンガを読んで自然と日本語を覚えたと言う。

そして誰一人「お勉強」したと言わない。彼らには努力や苦労をした記憶がないのだ。

これを利用するんだよ。

親の手間を取らず、子どもが自発的に 英語 の勉強に向かい、英語 に没頭する環境とは、子どもが好きなモノを教材にすればいいのだ。

例えば、海外ドラマを朝まで観る。洋楽を聴きまくる。SNSで海外アーティストの投稿を見る。

海外ドラマ、西洋音楽、SNSは小学生にとって最高の英語教材

いやいやいやいや、100歩譲ってドラマや音楽は分かるけど、SNSはないでしょっ、て言うでしょ。

でもね「遊び」のように見えるこれらの行動も、中途半端じゃなく、時間を忘れるほど没頭すればそれは必ず「学び」になるんです。

没頭することで、英語学習者に最も必要な 英語 に触れる時間と量が保障されるから。

学びに繋がらないのは、中途半端だから。

子どもが 英語 を習得するには、学校の教科書であれ、アニメであれ、周りの人がドン引くほど没頭することが重要なのだ。

オススメ 英語 教材3選!

子どもたちが時間を忘れるほど 英語 に没頭するには、好きなモノを好きなようにさせることだ。

こうしなさいとか、ああしなさいとか、ガチガチにルールを決めてしまうと楽しくなくなるから没頭できない。

海のように広く、太陽のように暖かい心で、子どもの学習を見守ってあげることが必要なのだ。

では、英語塾 ABC のスーパー・バイリンガルがオススメする、子どもたちが 英語 に没頭するための最強ツールを3つ紹介する。

① 動画配信サービス

動画はね、時間を忘れるほど没頭できる1番のオススメ教材だ。

現在 多くの動画配信サービスが存在するが、小学生の英語勉強用としては「Netflix」がイイ。

海外のアニメ、ドラマ、映画が充実していて、英語音声・英語字幕サービスが利用できる。

Netflix
Netflix

これから英語を始める小学生が動画配信サービスで英語に没頭するために、心がけてほしいことが3つある。

  1. 親が観せたいものじゃなくて、子どもが観たいものを観る。
  2. 字幕なし・英語音声で観る。
  3. 動画を観た後に、あれこれ質問をしない。

つまり、子どもが自由に動画を見れる環境を作ってあげてほしい。

動画をるたびにアレコレ求めると、動画=めんどくさい=見たくないってなってしまう。

親が目指すべきは、子どもが「また観たい」と言う状況を作ってあげること。

そうなればメシメシ、いやシメシメ親の思うツボ。

あとは放っておいても子はどっぶりと英語漬けになってくれる。いい感じに浸かって来たころに、次のステップに進めばいい。

最初は黙って動画を観せるだけが一番イイ。

たったこれだけでも、子どもの脳内では信じられないほど大量のインプットが進んでいる。

大人が想像しているよりたくさんのことを吸収し、理解できてるから心配は無用だ。

② 音楽配信サービス

音楽が好きとか、好きなミュージシャンがいる子には音楽配信サービスで洋楽を聞くのがオススメ。

「曲数」「歌詞表示サービス」などの観点から「amazon music」または「Apple Music」をオススメする。

音楽好きな子は、好きな洋楽を「んふふー」じゃなくて、ちゃんと英語で口ずさみたいと思ってるはず。

「あれっ今、何て言ったの?」って気になったら、何度もくり返し聞き直す。それでも解らなければ、歌詞をチェック。

歌に合わせて聞こえてくる音をマネする。これは、シャドーイングって言う立派な英語トレーニングだ。

音楽だと言ってバカにしたらイカン。洋楽だって人が引くほどハマってしまえば、ちゃんと英語力が身につくんです。

amazon music
amazon music

洋楽には、リスニング力を上げる大事な要素がある

本と違って音楽は、曲に言葉を載せるという性質から聞こえてくる 英語 の再現率が高まる。

Let it go

と言う英語を「活字」で見たとき、多くの日本人は「レット・イット・ゴー」と発音する。

にも関わらずディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌ではなぜか “Let it go(レリゴー)” と歌う。

歌の場合、英語 の言葉と言葉のつながりや音の変化、出さない音を忠実に再現しないと曲に置いてきぼりされるから、必死に音をマネるのだ。

レリゴーのように、聞こえた 英語 をそっくりそのままマネることができるとリスニング力が向上する。

なぜなら、正しく言える音はちゃんと聞けるから。

正しく言えない音は、一生聞けないのだ。

音源と同じように言えるようになることは、英語学習において大事なことなんだよ。

③ 英語の絵本

本が好きな子には、英語の絵本がオススメ。

だけど、優先させて欲しいことは文字じゃなく「音」だ。

英語経験がなくても、小学生という時期は英語を聞き取る能力に優れている。

誰が何を教えるわけでもなく、英語を聞いていればちゃんと聞き取れてしまうんだよ。

だからこそ、小学生は英語学習における黄金期だと言われている。そんな大事な時期に音を使わない英語学習をするなんてのは、もったいないの極みなのだ。

そういうわけで、音源付きの絵本が必要なのだが、音源と本の両方を揃えるのって、めんどくさーいって思うよね。

でもね、お父さん、お母さん、このちょっとした手間を惜しまずがんばって頂けると、子どもたちは信じられないほどの能力を開花してくれるんです。

まずは次に紹介する2冊で試してもらいたい。

驚くほど、子どもたちは英語を読めるようになっていくから。そしたら、また次の本にチャレンジしてみてほしいです。

ビギナーにオススメの絵本①: HOP ON POP

UP PUP
Pup is up.

CUP PUP
Pup in cup.

こんな言葉遊びからHOP ON POPは始まる。

「UP」が読めると、不思議なことに「PUP」と「CUP」が読める。

たった1語「UP」の読み方を知るだけで、PUPとCUPも読めると言う不思議体験を、たくさん積み重ねて行くことができるんです。

私たちの英語塾では、2から3回くらいのレッスンでHOP ON POPを音源そっくりに音読できるようにトレーニングしています。

audible版

amazon で買う
Kindle版

amazon で買う

以前は、本とCDのセット版があったのですが、時の流れでしょうか?

最近はセット版の入手が困難なので、その場合は音源をaudible版 で、活字をkindle版で購入するのがオススメです。

下の動画も併せて使うといいですよ。

私たちの英語塾でも、子どもたちの興味を引くために最初の1〜2回は動画を利用することがあります(汗)

ビギナーにオススメの絵本②: Fox in Socks

HOP ON POPよりも少し複雑な文字の組み合わせをトレーニングするのにオススメなのが、Fox in Socksだ。

ただし、小学校低学年のお子さまの多くが途中で挫折する(笑)。

そうなったら、迷わずストップ!

Fox in Socksが読めないと先に進めないわけじゃないからね。

audible版

amazon で買う
Kindle版

amazon で買う

下の動画もオススメ。

番外編: SNS

特性によって使い分けられるSNS。

例えば、文字を発信する「Facebook」や「Twitter」、写真を投稿する「Instagram」、動画を投稿する「YouTube」や「TikTok」。

SNS
SNS

自分が好きな海外の「スポーツ選手」「アーティスト」「モデル」、彼らのプライベート写真や言葉を簡単にのぞき見できるSNSの最大の魅力は、英語圏の人々が「イマ」使っている 英語 を知れること。

古典的な 英語 じゃなく、テイラー・スウィフトやエド・シーランが使う 英語 だ。

彼らが使った 英語 を、使ってみたい。彼らの投稿にメッセージを送りたい。そんな好奇心が間違いなく英語力を向上させてくれる。

SNSだって、ちゃんと英語の勉強になるんだ。

Miaka’s メッセージ

Hello, everyone! Let’s have fun studying English together! 

Becoming fluent in English is certainly no easy task, but if we work hard together this dream can definitely become a reality.

英語を使えるようになるのは簡単なことじゃないわ。でも、わたしたちが一緒に力を合わせれば夢は叶う。

The path to becoming bilingual is filled with challenges, but it is a very rewarding experience.

バイリンガルへの道はチャレンジだけどとてもやりがいのある経験よ。

Through this experience, you will come to understand your own personal strengths and you will be able to make many international friends. ー Miaka

この経験を通じて自分の長所が分かるようになったり、外国人の友達が作れたりするから。