Mizukaおすすめ学習法

Mizuka

Japan

2013年 ABC講師

プロフィール

イギリスに1年滞在経験あり。大阪大学外国語学部(英語専攻)在籍中にベルギーのKatholieke Universiteit Leuvenに1年間交換留学。TOEIC885点

Profile Picture

How I studied English?

私が実践して効率よく効果が上がったと思うトレーニング法を2つ紹介するわ。

まずはとにかく「まねをする」ということ。教材についている会話などの音声や、英語の歌、映画のセリフ、何でもいいの。たとえ意味が分からなくてもまねして発音してみることで『英語らしい音』を自分のものにすることができるわ。まねをしようとすると自然と聞くことに集中するし、自分が発音できる言葉は聞き取ることができるから同時にリスニング力も鍛えられるの。

2つ目は「英語で独り言」。言語を身につける上で実戦練習はもちろん避けられないわ。でもいつでも英語を使える友達がそばにいるわけじゃないからどんな状況でもいつでもどこでもできるこの「英語で独り言」がおすすめなの。

いつも心の中で日本語で考えてることを英語でやってみるの。そうすると「あれ?これは英語でなんて言えばいいんだろう?」とわからないことだらけになるんだけど、まずは自分も知ってる簡単な単語でできるだけ近い表現をしてみる、そのあとで辞書を使うなり、先生に聞くなりして自然な文章を作る、そのくり返しによって英語力が鍛えられるの。

What is fun about English?

私が英語を勉強して本当に良かったと思うことはコミュニケーションを取れる人がとても多くなったことで自分の視野が大きく広がったこと。

現代では翻訳機能のある携帯電話なども普及していて、自分で英語を喋れなくてもコミュニケーションが取れるのではないかと考える人もいるかもしれないけど、やはり相手の言葉を直接理解し、自分の考えを相手に自分の声で直接伝えることができるというのは大きな違いなのよ。

直接コミュニケーションが取れることによって自分の知らなかった文化を持つ人に出会えたら、違う考え方をする人に出会えたら、どんどん自分の世界が広がっていくのを感じられるはず。

英語を使えるようになることは、ただ意思疎通ができる人の数が増えるということではなく、未知の世界へ飛び込んで自分の可能性を広げることにもなるんだから!

Isn’t it difficult? Yes, but…

英語を使えるようになることはやったことのないスポーツを始めるのと似てるわ。普段の生活では使うことのない筋肉を使うため動きがぎこちなくなるのは英語らしい発音が上手くできないのと同じ。ルールを覚えないと試合ができないのは語順を知らないと作文できないのと同じ。

誰でも初めは難しいと感じるけど、最初から上手な人なんていないんだから大丈夫!ちょっと頑張って理解できてくると楽しくなって、きっと「もっと出来るようになりたい!」と思うはずなんだから。

前の記事

3級合格への道

次の記事

2冊目の音読