英語学習法

基本トレーニング

(2019.03.21 更新)


英語外部検定利用入試を実施する大学が急激に増えている。そして2021年1月実施の大学入試「共通テスト」から英語が大きく変わる。受験英語が少しずつ変わりはじめているのに学校も進学塾も家庭学習もまだ古い学習法を続けている。

いまだに続く古い英語教育。学校や進学塾が変わらないなら家庭学習だけでも改革しなきゃ手遅れになる。

一線を画す

ABC メソッド

英語塾 ABCは赤ちゃんが言語を学ぶプロセスをモデルに英語のトレーニングを行っている。目標は英語ネイティブ同様に英語を英語のまま理解し使える力を身につけること。

英語圏の赤ちゃんは「(A)英語の音をたくさん聞く (B)音をマネする (C)意味を状況の中から覚える (D)話す (E)文字を覚える」の順で英語を学び、英語ネイティブとして英語を英語のまま理解し使える力を身につけている。

日本の子どもたちが日本に居ながら英語ネイティブと同じように英語を身につけることなんてできるわけないって諦める親たちは多い。だが英語塾 ABCは日本に住む子どもたちが英語ネイティブと同じように英語を身につけられるような環境を作った。それは1冊の英語本を読むことを通して、高い教養と高い英語力を持つ講師が1週間に3時間”FATHER”, “MOTHER”の役割を果たし子どもたちが英語を英語で理解できるような場面や状況を次々に作り上げていくことで実現した。

ABCの

基本トレーニング

このトレーニングは英語圏の赤ちゃんと同じように「英語を英語で学ぶ」環境をつくりだすため日本語を介さずにできるよう設計してある。

① 英語本を聴く

赤ちゃんが「英語の音をたくさん聞く」のと同じ経験をしている -(A)

② 音読する

赤ちゃんが「音をマネする」のと同じ経験をしている -(B)

(①②目的)
  • 音を覚える
  • 音と音のつながりによって生じる変化を覚える
  • アクセント、リズム、抑揚、周波数、言葉の並び順、構造などをまるっと覚える
(講 師)
  • 生身の人間がお母さん、お父さんのように何度も繰り返し語りかけることで正しい音を教える
  • くどくどと理屈は教えない

③ 英英辞書で意味を調べる

④ ボキャブラリーカードを作る
(③④目的)
  • 関連するワードを一緒に英語のまま覚える
  • ワードとワードのネットワークをつくることでボキャブラリーを爆発的に増やす
  • ボキャブラリーカードをつくり反復練習することで単語の使い方、語順、構造を定着させる
(講 師)
  • 例をあげたり、ジェスチャーや絵で示したり、声色や表情を変えたり、他の用語に言い換えたりして子どもが英語の意味を英語のまま理解できるようサポートしている

⑤ 要約を英語で書く

(⑤目的)
  • ストーリーを英語のまま整理してまとめる力を鍛える
  • 英語を書く力(文法力)を鍛える
(講 師)
  • どんなストーリーだったか子どもたちと内容を振り返りディスカッションしながら要約のヒントを与える
  • 子どもが書いた要約をチェックし文法、語彙、構成などの添削を行う

大きく差がつく

自主トレ

英語塾 ABCには英語経験ゼロの小学5年生がたった1年で英検2級に合格したり、新中1生が春休みからスタートして中2の1学期に英検2級に合格したり、小学6年生が英検準1級に合格したりするウワサの「自主トレメニュー」がある。自主トレは1日たったの30分。

英語塾 ABCのレッスンが週1回3時間。これに加えてたった1日30分の自主トレで驚異的なスピードで英語力が伸びる。英検5級や4級の英語学習初期のレベルからスタートした小学5年生がわずか1年で英検2級に合格できるほどの英語力が身につく。英検2級とは英検協会によると高校卒業レベルの英語力だ。


確実に変わり始めている大学入試・英語。具体的に何が変わったか知らない人が意外に多い。知らなきゃ損する!受験英語の新常識。

英検1級で早稲田、準1級で関大に合格!持ってるとかなり有利。英検準1級・1級は夢じゃない。