成長のキセキ

N.M 成長のキセキ

(2019.04.15更新)

\ 英検利用 /

準1級で

関西大学に合格

英語経験:英検3級保有

2016年4月 入会(高1)

2016年6-7月 英検準2級合格(高1)

2017年1-2月 英検2級合格(高1)

2018年6-7月 英検準1級合格(高3)

2019年4月 関西大学入学


高1の春に入会。R.I.の大学受験方式に憧れ英検準1級を取得。そして見事⭐︎関西大学に合格。英検協会によると英検準1級は大学中級程度とされている。


確実に変わり始めている大学入試・英語。具体的に何が変わったか知らない人が意外に多い。知らなきゃ損する!受験英語の新常識。

どんな子?

英語力・性格

英語が大好きで、大学に入ったら必ず留学したいと言う思いを持っていたN.M.は神戸・葺合高校(普通科)への入学が決まっていた。英語レベルは中3の時に英検に合格していたので日本の中学生の標準レベルだったと言える。

性格は驚くほどの善人。誰か困ってる人を見たらすぐに手を差し伸べるし、年下の子と駅まで一緒に帰ってくれたり、近所のお兄さん的役割を果たしてくれていたんだ。ある中学生女子が英語塾 ABCの雰囲気に中々馴染めていないことを相談した時には、その中学生女子のレッスン曜日に自分のレッスン曜日を変更してくれて、レッスン中やレッスン後にたくさん声をかけてくれて、今まで教室で一度も笑顔を見せたことがなかった中学生女子の笑い声を僕たちに見せてくれたんだ。驚くほどの善人って言っても大げさじゃないだろ。

N.M.は講師からの評価も高かった。Varelieが言うには「あの子ほど自主トレ(宿題)をがんばってた子はいない」ってね。実際は他にもがんばってる子はいるんだけども、もののたとえと言うか、ね。

そんなN.M.が英検準1級に合格できたのは、英語が心から好きだーっと言う想いに他ならない。


英検1級で早稲田、準1級で関大に合格!持ってるとかなり有利。英検準1級・1級は夢じゃない。

合格の秘訣

好きな気持ち

N.M.が英検準2級チャレンジからスタートして英検準1級に合格できた最大の理由は「英語が大好きだー」って言う気持ちがあったから。少しでも発音が上手になりたい、少しでも早く英検のグレードを上げたい、少しでも多く英語で話せるようになりたいって心からそう思ってたから、レッスン中に講師のアドバイスを自分から求めるし、講師からのアドバイスを熱心に聞いて実行してみるし、知ってる単語を並べて一生懸命に英語で伝えてみようとしたり。

これだけ積極的に英語と向き合えるから英語が上達して当たり前田のクラッカー。あの時、本当はこう言いたかったんだけどうまく伝えれなかったと言うやり残し感があるとするでしょ。そうしたら、そのことがずっと頭の中に残ってて、ある時講師が言ったフレーズを聞いて「あっ!これだ!」と気づく。そして同じシチュエーションが再び訪れ「あっ!これだ!」って気づいたフレーズを使ってみる。講師がリアクションする。そうしたらもうその英語は自分のものになる。初めのやり残し感とかできなかったことがあったからこそ、得られるものがあって、英語に興味や関心がなければそもそもやり残し感など持てない。

N.M.の場合、英語が好きって思いが英検準1級に合格できた最大の理由だ。好きこそものの上手なれですな。


いまだに続く古い英語教育。学校や進学塾が変わらないなら家庭学習だけでも改革しなきゃ手遅れになる。

休まない

N.M.もまたレッスンをほぼ休まなかった。共通して言えるのだが、レッスンを休まない子(振替が少ない子)、1日30分の自主トレをちゃんとやってる子は目標通りかそれ以上の成果が出ているんだ。

レッスンは休んだとしても振り替えすれば同じでしょと思うかも知れないけど、そうではないと言うのが英語塾 ABC開校以来の歴史において証明されている。お休みが多い子、振替が多い子は目標通りのスピードまたはそれ以上の成果が出ることはほぼない。

N.M.が英検準2級チャレンジからスタートして英検準1級に合格できたのはレッスンを休まなかったこと。これが2つ目の理由だ。


英語外部検定利用入試を実施する大学が急激に増えている。そして2021年1月実施の大学入試「共通テスト」から英語が大きく変わる。受験英語が少しずつ変わりはじめているのに学校も進学塾も家庭学習もまだ古い学習法を続けている。

諦めない

N.M.が英検準1級を取得して関西大学を受験すると決めたのは、R.I.がこの方式で関西大学に合格したことを知ってから。つまりN.M.高1の終わり、ちょうど英検2級に合格したころのことだ。

当時、関西大学外国語学部の受験方式に英語と国語の2科目で受験できる方法があった。しかも英語は英検準1級取得で免除および満点とみなされると言う好条件。N.M.は高2の1年間で3回ある英検受験のチャンスに賭けることにした。ところが結果は思い通りにはならなかった。しかしN.M.は諦めない。高3の1学期まで、あと1チャンスにかけた。そして見事、高3の1学期に英検準1級に合格し、関西大学への入学を掴んだ。

英検準1級を手にするのに高3の1学期までかかってしまったが、そこまで諦めずに頑張ったからこそ関西大学に入学できたし、英検準1級がなければ関西大学に入学できてなかったとN.M.は言っていた。最後まで諦めなかったことがN.M.英検準1級合格の秘訣でもある。


そろそろ始めないか?

音読トレーニングとエッセイライティングで英検、大学受験、世界に通用する英語が身につく画期的メソッド。