楽天・元大阪支社長が 英語塾 を開校した理由

楽天・大阪支社長を辞し、兵庫県西宮市に一風変わった 英語塾 を開校したマイケル
兵庫県西宮市に「一風」変わった 英語塾 を開校したマイケル

英語塾 ABC 誕生ストーリー

2013年 マイケルは楽天・大阪支社長を辞し、兵庫県西宮市に 英語塾 を開校した。

英語本の音読を通じて、ネイティブと同じ英語力(4技能英語)を身につける英語専門の塾だ。

この記事「英語塾 ABC 誕生ストーリー」では、マイケルがなぜ楽天を辞め、西宮市に 英語塾 を開校したのか。開校直後にぶつかった理想と現実のギャップ。決して一直線ではなく、講師と試行錯誤を重ね、改善をくり返し生まれた 英語塾 ABC をまる裸にする。

3時間にもおよぶ ロングインタビューだったが、見出しと太字を追って頂ければ「スキマ時間」で読めるよう工夫している。

代表プロフィール

市本 哲也

イチモト・テツヤ(通称:マイケル*)
英語塾 ABC 代表

大阪府に生まれる。大阪星光学院神戸大学を卒業後、三菱電機に入社。エンジニアとなり神奈川県鎌倉市で独身生活を楽しむ。以来 NTTデータリクルート(結婚し、2児の父となる)を経て、楽天に入社。楽天・大阪支社長を勤めたのち退社。2013年 兵庫県西宮市に 英語塾 ABC 西宮北口教室を開校。2015年には大阪教室を開校する。

*楽天には「通称制度」があり、マイケル・ジャクソンと歳が同じだったことから「通称:マイケル」を名乗る

英語塾 を開校した理由

マイケルが楽天・大阪支社長を辞し、英語塾 を開校したのは「楽天の英語公用語化」と「わが子の海外留学」の2つの経験が大きく関係しています。

ただ、教育に携わりたいと思ったのは「A Nation At Risk(←あとで説明します♪)」との出会いからです。

1. 教育は国の基盤

2003年 新幹線の中 ー やれ銀座だ、やれハワイだと浮かれた生活を続けていたマイケルに強い衝撃が走る。

「A Nation At Risk(危機に立つ国家)」ー 1983年 アメリカ(レーガン大統領の時代)

ド・ストレートに国家危機の原因が公教育の水準低下にあると訴えるこのレポートとの出会いにより、マイケルは教育に携わりたいと考えるようになった。

わが国は危機に直面している。かつてのアメリカの商業、 工業、 科学、 技術革新における優位さが、世界の多くの競争者に奪われようとしている。そして、その原因が公教育の水準低下にあり、その改革が国家的政策課題である。

A Nation At Risk

「A Nation At Risk」の全文を読みたい場合は(英文ですが)こちらをご覧ください↓↓↓

2. 楽天の英語公用語化

マイケルが IT企業 楽天 に入社すると間もなく、革命のファンファーレが鳴る。

2010年 Englishnization! ー 会議は英語で。会議資料も英語。管理職は TOEIC 800点以上取得すること。

マイケルは 楽天・大阪支社長の重責を担いながら、TOEIC スコアアップが急務となった。

休日を返上し、あらゆるTOEIC 対策講座を受講した。会議の前日は決まって徹夜。会議用資料を慣れない英語で作らないといけないからだ。

英語公用語化プロジェクトによって、驚くほどの「お金」と「時間」を費やした

3. わが子の海外留学

マイケルには2人の子ども(長男X、長女Y)がいる。当時、小学3年生と小学1年生だった彼らは、オーストラリアに留学する

小学生が2年間のオーストラリア留学で得たものは、想像以上に大きい
小学生が2年間のオーストラリア留学で得たものは

2年だけの留学だったが、それでも得たものは想像以上に大きかった。

彼らは、中学・高校の6年間は英語の勉強に時間を割く必要がなかった。他教科の勉強に全力で集中できるのだ。

その一方で自分は、社長出席会議の前日は英語の資料を作るため「毎週」「確実に」「徹夜」だ。

もっと早く英語に向き合っていればと猛省すると同時に、日本の子どもたちが小学生のうちに世界基準の英語教育を受けることの重要さに改めて気づいた。

なぜ 関西に 英語塾 を?

かねてより教育に携わりたいと考えていたマイケルは「楽天の英語公用語化」と「わが子の海外留学」をキッカケに、楽天・大阪支社長の職を辞する。

「子どもたちが 日本にいながら 世界標準の英語教育 を受けられる場所の提供」を実現するため、兵庫県西宮市に 英語塾 ABC を開校させた。

2013年 英語塾 ABC(西宮北口教室)
2013年 英語塾 ABC(西宮北口教室)

30年も東京で暮らしていたマイケルが、直前まで楽天・大阪支社長の職に就いていたとは言え、なぜ関西の地に 英語塾を 開校させたのか。

それは、東京にはすでにあった「世界標準の英語教育を受けられる場所」が、関西(自身が子ども時代を過ごした)には 一つも なかったからだ。

なぜ 西宮市・西宮北口 なのかという問いに答えるとするなら、それは「勘」である(笑)

西宮市は近畿で有数の高級住宅街として知られ、実業界、文化人、プロ野球選手が多く住む。また 関西学院、神戸女学院、甲南大学、武庫川女子大学など多くの学校が存在する。中でも 阪急・西宮北口駅は有名な中学受験塾(浜学園、希学園、SAPIX)がひしめき合い、関西・住みたい街ランキング第1位に輝くなど注目度の高い場所だ。

阪大外語の学生と

実は 英語塾 ABCの開校当時は、大阪大学の杉田教授にお世話になり、大阪大学の学生さんたちと一緒に 英語塾 を始めました。

最初に集まってくれたのは、大阪大学 外国語学部 英語専攻 の5名(Nozomi, Mizuka, Yoshiko, Yuka, Marina)だ。

Nozomi

大阪大学 外国語学部(英語専攻)卒業

Mizuka, Yoshiko, Miaka をつないでくれ、リクルーターとしても大活躍

くわしく読む
Mizuka

幼少期をイギリスで過ごす
大阪大学 外国語学部(英語専攻)卒業

Yuka をつなぎ、のちにMai, Risa, Sara, Kaede, Thao, Amyまでつながってゆく

くわしく読む
Yoshiko

幼少期を海外で過ごす
大阪大学 外国語学部(英語専攻)卒業

くわしく読む
Yuka

大阪大学 外国語学部(英語専攻)卒業

Mai をつなぎ、のちにRisa, Sara, Kaede, Thao, Amyまでつながってゆく

くわしく読む
Marina

幼少期を海外で過ごす
大阪大学 外国語学部(英語専攻)卒業

くわしく読む

さらに3名(Shingo, Miaka, Mai)が加わり、高い教養と高い英語力をそなえたスーパー・バイリンガルが 英語塾 ABC に集結。この8名、誰ひとり欠けても現在の ABC はできなかった。

Shingo

ニューヨーク大学大学院(政治学研究科)修士課程 修了
大阪大学大学院(国際公共政策研究科)博士課程 修了

くわしく読む
Miaka

カリフォルニア大学 バークレー校
(UC Berkeley)卒業

くわしく読む
Mai

大阪大学 外国語学部(タイ語専攻)卒業
オックスフォード大学に交換留学(大阪大学在籍中)

Risa をつなぎ、のちにSara, Kaede, Thao, Amyまでつながってゆく

くわしく読む

受け入れられない 英語塾 の理想

兵庫県西宮市で「子どもたちが日本にいながら世界標準の英語教育を受けられる場所の提供」を目指すが、マイケルたちの理想は世のお母さまがたには受け入れ難いものだった。

お母さまたちの望みは「学校英語の補習」なのだ。3単元の’s’をつけ忘れないこと、スペルを間違わないこと、単語の意味を日本語でしっかり言えることを期待された。

英語の本を音読しながら、ネイティブのように英語4技能を身につける学習法は、新しすぎたのだ。ましてや英語を英語のまま理解するなんて!

それでも、高校・大学進学のため英検2級や英検準1級合格を目指したり、大学での留学を見据えて 英語塾 ABCの学習法に興味を持ってくださったお母さまもいた。

英語塾 ABC 開校後の2年間は、理想と現実が入り乱れていた。期待されるまま学校英語の補習も行っていたからだ。

大変革の年「2015」

これまで 英語塾 ABCは、講師とともに試行錯誤を重ねながら、メソッドや指導方法の改善をくり返してきた。そして現在のレッスンで行っている「英語本の音読を通じて、英語4技能を身につける学習法」「英語を英語のまま理解する学習法」がおおよそ完成したのが 2015年だ。

2名の講師(Risa と Valerie)と1名の生徒(Yousuke)の出現によって。

Risa

幼少期をオーストラリアで過ごす
Marist Brothers International School 卒業
大阪大学 人間科学部(G30)卒業
東京大学公共政策大学院 卒業
コロンビア大学国際公共政策大学院 卒業
UC Berkeley に交換留学(大阪大学在籍中)

Yuka, Mai と同じ学生団体に所属。現在は国際機関で活躍中。

「くわしく読む」をクリック→ 東京大学公共政策大学院のページに Risa のレポートが掲載されています。

くわしく読む
Valerie

幼少期を海外で過ごす
13歳で高校卒業(アメリカで飛び級)
14歳でプリンストン大学に合格
家族の都合で日本に渡る
兵庫県立国際高等学校

実は「高校生」だった(笑)

くわしく読む

当時 小学3年生だった Yosuke は 大阪府泉佐野市から西宮北口まで通ってくれていた。

Yosuke は 英会話スクールに通いながら英検3級に合格していた。英語塾 ABC 入会後「Charlie and the Chocolate Factory」を読み始めたのだが、その音読を聞いてマイケルは確信したと言う。

Yosuke の英語力は「確実に伸びる!」と。

予想通り、Yosuke の英語力はあっという間に向上し、英検も入会後6ヶ月で準2級に合格、その1年後に2級合格(小5)、さらに1年後に準1級合格(小6)を果たしている。

さらにYosuke は「小学生レシテーションコンテスト」で5位に入賞している。授賞式で彼の名前が呼ばれたときには、思わず涙がこぼれた。

そしてChika の入会がマイケルの信念を強固なものにしてくれた。

Yosuke と ABC はともに成長してきた

自称、世紀の大天才Chika

Chikaは、小学5年生の春に入会後、圧倒的多量の英語本を読んだ。Chikaの英語経験は公文だけだった。にもか関わらずChikaは圧倒的多量の英語本を音読することでメキメキと力をつけていった。2016年第1回検定で英検5級・4級W合格、第2回検定で英検3級合格、第3回検定で英検準2級合格、そして2017年第1回検定で英検2級に合格した。

まるっと1年で英検5級からスタートして、英検2級に合格したのだ。

英文和訳しない、単語の意味を日本語で覚えない、日本語の文法用語を使わない、英文法を教えない。英語本の音読を中心とした英語を英語のまま理解するトレーニング法「ABCメソッド」で、YosukeとChikaの小学生2名が実績を出してくれたのだ。

この2つの確実な実績があるからマイケルはもう二度と昔には戻らない。