【 大阪府公立高校入試 】 英語C問題 と 英検 どっちがラク?

大阪府公立高校入試 英語C問題は全国的に見ても非常に高い難易度として知られています。SNSを見ていると「中学生には解けないように作られている」とか書かれてるし、子どもたちも「8割なんか取れるわけない」と言います。

その一方で 英検2級 を持ってたら80%、英検準1級 を持ってたら100% の得点保障をしてもらえるという 信じられない 優遇措置。当然 じわじわと 英検 人気が高まるんだけど 英検2級 は高校卒業程度と言われています。

どちらもなかなかの難易度。だからこそ 誰もが悩むのよね。果たして、英語C と 英検2級どっちがラクか?

結論を先に言ってしまうと 英語C より 英検2級 の方が圧倒的にラクでメリットも多いんです。

そう断言する理由を 説明するね。最初に 英語C問題 から。

北野で60点台 大阪府公立高校入試 英語C

さて 誰もが口をそろえて難しいと言う驚異の 大阪府公立高校入試 英語C問題。大阪府教育センターによると 合格者の当日テスト平均点が52.7点(令和2年度一般選抜)と言う。

英語塾 ABCの独自調査では天王寺高校の合格者で50点台、北野高校の合格者で60点台です。北野で60点台と言うだけで 十分難しさが伝わると思うけど、何がそこまで難しいのか?

それは 長文が得点全体の半分以上も占めていながら、試験時間が30分と言う耳を疑う時間設定。これが 大阪府公立高校入試 英語C問題 が全国的に見ても非常に難しいと言われている大きな原因なんです。

では詳しく説明します。

大阪府公立高校入試 (一般入学者選抜全日制の課程) 合格者の教科別平均点

令和2年度 大阪府公立高校入試 合格者の【教科別】平均点(一般入学者選抜全日制の課程)
2020年度 大阪府公立高校入試 合格者の【教科別】平均点

参照:[PDF] 大阪府教育センター「令和2年度大阪府公立高等学校入学者選抜学力検査における府立高等学校合格者の学力実態調査

長文が得点全体の56%を占める

英語C が難しいと言われるその理由の一つは 長文読解の得点が全体の56%を占めている(リスニングが33%)こと。文法・語彙問題がわずか6問、それに続くのは250-350語の長文が5題、最後は英作文。次から次へと英語が容しゃなく襲いかかってくるんです。

2題目の長文まではみんな何とかクリアできるんだけど、3題目の長文で心が折れそうになります。4題目の長文ではもう完全に心が折れてるかも。5題目の長文にたどり着ける強者はどれくらいいるのか。

5題目の長文にたどり着いたとして、ラストに控えるライティングで完全に打ちのめされます。なぜなら 英作文を書く前にまたもや100語もの英文を読まなきゃいけないんです。その上でその英文に対する自分の意見を書かなきゃいけないんです。(令和2年度)

何を言いたいかというと、とにかく英語だらけで長文だらけ。英語の問題文を読み、長文を読みながら答えを探す、探して答えるをくり返して、最後にまた長文を読んで自分の意見を書く。めんどくさいの極みなのよ。

大量の英語を読むことに慣れてない中学生にとっては、最後まで読み切ることさえもなかなか難しいのです。

大問1

文法・語彙(6問)
配点(12点)

大問2

250-350語くらいの
長文読解(3問)
配点(6点)

大問3

250-350語くらいの
長文読解(4問)
配点(8点)

大問4

250-350語くらいの
長文読解(4問)
配点(8点)

大問5

250-350語くらいの
長文読解(4問)
配点(8点)

大問6

250-350語くらいの
長文読解(4問)
配点(8点)

大問7

100語程度の英語を読んだ後に、自分の意見を書く英作文(1問)
配点(10点)

大阪府公立高校入試 2020年度 一般入学者選抜 学力検査問題<英語C>

これが全国的に見ても難易度の高い 大阪府公立高校入試 【 英語C問題 】(1/3)
(1/3)
これが全国的に見ても難易度の高い 大阪府公立高校入試 【 英語C問題 】(2/3)
(2/3)
これが全国的に見ても難易度の高い 大阪府公立高校入試 【 英語C問題 】(3/3)
(3/3)

参照:英語C問題「令和2年度 大阪府公立高等学校 入学者選抜 学力検査問題及び採点資料等」

試験時間30分は短すぎるのよ

難しいと言われる 英語C問題 だけど 実は 使われている語彙や文法はそれほど難しくないの。何じゃこれっていう難しい語彙には注釈まである親切ぶりなんです。それが逆に読みづらくしてるという説もあるけど、そこは一旦ムシね。

それでも難しいと言われる理由は、大量の長文と英作文をこなすのにたった30分しか時間が与えられていないことなんです(リスニングは別)。だいぶ やんちゃですよね。だからこそ 英文を読まずに解く方法などが流行ったりするんだけど。

もう少し時間があれば望みもあるんだけど、30分となると、確かに最初から諦めモードになるよね。

それに 必死にがんばったとして何点得点できるのかというと、合格者の当日テスト平均点が52.7点(令和2年度一般選抜)なんです。天王寺高校の合格者で50点台、北野高校で60点台なのよ。

メンドくさくて、難しくて、がんばっても60点しか取れないんです。こうなってくるとふっと脳内をよぎるよね「80%も、72点も得点保障されてる 英検2級 ってどうなの?

というワケで、次に 英検2級 の難易度についてお話しします。

小学生でも合格できる 英検2級

英検協会は 英検2級 の英語レベルを「高校卒業程度」としています。これを素直に受け取ると、中学生であるキミたちには難しそうに思えるけど、実は多くの小学生が 英検2級 に合格できているんです。小学生にできて、中学生がやってやれないことはないんです。

思い出してほしいのは、英語C問題はめんどくさくて、難しくて、その上、天王寺高校の合格者で50点台、北野高校の合格者で60点台。それに比べて 英検2級 は合格できれば当日テストで72点が保障されるんだよ。

つまり、他の受験者と10〜20点も差をつけることができるんです。

大阪府公立高校入試を目指す中学生にとって 英検2級 は、この上なくすばらしい優遇措置なんです。

ところが、残念なことにこの優遇措置を利用している受験者が まだまだ少ないんです。2017年度 入試でわずか344名だった英検2級等の英語資格利用者が、2020年度 入試では1,650名にまで増加しているものの、それでもまだ1,650名しかいないんです。

英語塾 ABCにお寄せいただくお問い合わせやご相談から察するに、英検2級 のメリットを感じていない か 英検2級 が難しいものだと思い込んでいるか、の2つが大きな原因であるように感じます。

わざわざ 英検2級 を受けるメリットって何?

もし 英検2級 を受けるメリットを感じていないなら、お願いだからこのブログ(見逃し厳禁!!!)「英検2級で80%得点保障!英検は最強の受験対策だよ」を読んでほんの少しでも、いやっ、ノドから思わず手が出ちゃうほど英検2級を取りたいと思ってもらえるとうれしい。

簡単なことではないけど、 英検2級 を持ってると当日テスト80%得点保障で(一般選抜)72点、(特別選抜等)45点が約束される。また 英検準1級 ・ 1級を持っていると当日テスト100%得点保障で(一般選抜)90点、(特別選抜等)36点が約束される。

このことが キミの高校入試をどれだけ優位にするのか、2020年に天王寺高校、2021年に高津高校、茨木高校、住吉高校に 英検2級 利用で合格した子たちやお母さまの「つぶやき声」に大いにメリットを感じるコメントがあります。

「当日、理科をやらかしたから 英検2級 がなかったら落ちてた」「そもそも 英検2級 がなかったら天王寺高校を受けさせてもらえなかった」など とにかく英検があったから志望校に合格できたと言う声は消せない事実なのよ♡

そして 彼らが英検取得をスタートさせた時期、その時の英語レベル、そして英検2級にいつ合格したかをもれなく記載しています。英検の恩恵を最大限に受けるためにオススメなのは小学生から段階的に英検を受験しておくこと、小学生のうちに英検2級に合格しておくことです。

どれだけ体調が悪くても当日テストで72点を保障される。小学生のうちに英検2級に合格しておけば中学生の間にじっくり 英検準1級 が狙える。英検準1級、それは当日テストで90点満点が保障される最強の受験対策ツール。当然、志望校の格上げができるワケです。

もっと 英検2級 のメリットを詳しく知りたい!と思ってくれた中学生はこのブログ、見逃し厳禁!!! このブログ↓↓↓

↑↑↑このブログで英検2級の優位さを暑苦しいほど語っています

英検2級 なんてムリに決まってる?

英検2級 を持ってたらいいのは分かってるけど 英語がちょー苦手なのに 英検2級 なんてムリムリムリって諦めてるんだとしたら、それは勘違いだということを知ってほしい。

もしキミたちが英語を苦手だと感じているならそれは、英文を和訳するために単語の意味を日本語で覚えたり、文法を覚えたりすること。模範解答として決められた答えを出さないと正解にならないこと。そういう英語をキミたちは苦手だと思ってるんじゃない?

だけどね 英検は単語の意味を日本語で答えたり、英文和訳や和文英訳、文法を強烈に問うような問題は出ないんです。

乱暴に言っちゃうと、英単語の意味を日本語で覚えるいわゆる「単語の暗記」とか、文法用語が難しすぎて内容が頭にまったく入ってこない「文法学習」とか、一言一句を正しく日本語に訳す「英文和訳」ができなくてもいいんです。

英語学習のテッパンと言われている「単語の暗記」「文法学習」「英文和訳」をしなくても 英検2級 に小学生が合格できるんです。

もしちょっとでも気になったら「小学生が 英検2級 に合格している勉強法」を読んでみてね。

結論: 大阪府公立高校入試 は 英検2級 がオトク!

これまでのことをまとめると、英語Cはとにかくメンドくさい。そして30分という短すぎる試験時間で難易度が高くなってしまってる。北野高校の合格者でも60点台しか取れていない

一方で、英検2級は小学生が合格できている。当日テストで80%(一般選抜なら72点)得点保障されるので、他の受験生と10〜20点の差をつけることができる。さらに 英検準1級 に合格できれば100%得点保障 です。

つまり 志望校をグイッと格上げできるんです

したがって 大阪府公立高校入試 は 英語C より 英検2級 がラクでメリットが多い!つまり オトクなんです。

小学生が 英検2級 に合格している勉強法

「高校卒業程度」と言われる 英検2級 に多くの小学生が合格しています。まったく英語経験がない小学生でも、英検2級に合格できています。その勉強法とは、英語の音読と自分の意見を英語で書くエッセイ・ライティングの練習です。

… みんなの脳内に ? が飛びかっているよね(笑)

小学生が 英検2級 に合格している勉強法が「単語暗記、文法学習、英文和訳」ではなく、英語の音読とエッセイ・ライティングの練習だけなんですと言われたら慌てるよね。疑うよね。

でも本当に英語の音読で 英検2級 に合格できるんだよ。この勉強法で小学生が 英検2級 に合格してきたんです。

英語の音読を中心とした学習

英検2級に効果的な学習の基本は「英語の音読」です。正しい質と量の音読をくり返すことで 英検2級 合格に必要な「聞く、読む、書く、話す」の4技能を自然と身につけることができるんです。

4技能が自然に身につくとは、英語学習のテッパンとして続けられている単語暗記、文法学習、英文和訳をしなくても、英語の音読をすることで語彙力や文法力が備わるんです。そして 英語音読の最大の効果とも言える 英語を英語のまま理解し、アウトプットすることができるようになるんです。

つまり 英語の音読は海外留学と同じような環境を作り出し、日本にいながらネイティブのように英語を身につけることができる優れた勉強法というワケなの。

したがって 英語経験ゼロの小学5年生がたった1年で 英検2級 に合格するなんてことができるんです。

英語音読で 英検2級 に合格する4つの条件

単語の暗記、文法学習、英文和訳をせずに、英語の音読で効果を得るためには条件があります。英語力が上がらないと感じたら、下記を確認して。

耳・目・口を同時に動かす

そもそも音読は、耳で音を聞く、目で文字を読む、口で音を発する、口から発した音をまた耳で聞くことによって、英語をインプットし、インプットした英語を使える状態にするアウトプットの練習を同時に行っているんです。

だから 耳・目・口のどれ一つ欠けることなく同時に動かすことがトレーニングの効果を最大限に得るための最低条件なんです。

できれば、リズムをとるように手や足を動かしながら、踊ることが好きなら、もう踊っちゃっていいよ。歌が好きな子なら、歌うように音読してみて。英語って音楽と同じで音程とリズムがちょー大事だからね。

① 自分の耳で、自分の声がしっかり聞こえる大きさで読む
② 必ず音源を聞く

音源の完コピ

音読のキモは「音源の完コピ」。これができるとリスニング力、文法力、語彙力、リーディング力、ライティング力、スピーキング力が劇的にアップします。特に中学生はリスニングが苦手な子が多いです。それは英語の「音やリズム」を知らないから。音源の完コピでリスニング力は必ず上がります。

音源の「完コピ」ができているか否かで効果に大きな差が出るし、音読を聞いたらその子が英検に合格できるかどうか分かるよ。

① 自分勝手に、思い込みで音読するんじゃなくて、どうやって発音してるのか音源をよく聞く
② 発音、音の高低、強弱、速く言うところ・遅く言うところ、間、声色、つなげる音、発音しない音、つなげて変化する音、リズム、全てをまるっと、そっくりそのままコピーする
③ 音読できるようになるまでは意味を考えず音読に集中

英語のままざっくり内容をつかむ

つい英語を見ると日本語に訳してしまうけど、 英検2級 合格のためには そのクセを封印しないといけない。そして 英語を英語のまま理解するクセを脳に刻むの。

英語を日本語に訳すときに起こる障害が2つあります。1つは 読む・聞くスピードが落ちること、2つ目は 英語を日本語に訳すたび脳に大きな負担をかけるため、長文を最後まで読む・聞く体力をすり減らしてしまうこと。どちらも 英検2級 合格を阻む大きな要因になります。

① 単語の意味は英英辞書で調べる
② 分からない単語を全て調べようとしないで、文章の流れから推測できる力を養う
③ 英文の内容を日本語に訳すんじゃなく、イメージする(映像、色、匂い、音、感情等)
④ 一言一句、分かろうとするんじゃなくて全体の内容をつかむ

音読の量

英語のすべての悩みは英語に触れる量で解決すると言われているほど、大量の英語に触れれば触れるほど英語力は上がるんです。だから 例え 1日30分でも家庭学習は大きく効いてくるんです。

英語ができる子の共通点は、たくさんの英語に触れていることなんです。

英検2級合格!オススメ学習メニュー

高校受験を控えるキミに、 大阪府公立高校入試 のためにどうしても 英検2級 に合格したいキミのためにオススメの学習メニューを公開します。

1. 英検用単語集の音読
単語の暗記をする代わりに、単語の用例を丸ごと音読することで単語の持つイメージ、単語の使い方、語順を丸ごと脳にインプットしていきます。さらにインプットが進むと単語が使える(書ける・話せる)ようになります。
音読の方法はこのブログ英検2級 に効果的な単語学習法は音読です」に詳しく書いているので読んでね。
2. 英語本(物語)の音読
英検2級レベルの単語が使われている300ー500語程度の英語本を音読することで、英検2級レベルの英語を英語のまま理解する力、英語を最後まで読み切る体力を身につけることができます。英単語の意味は英英辞書で調べ、要約を英語で書くことで読解力が飛躍的に上がります。

英語音読で 英検2級 に合格するためには→→→ 4つの条件 ←←←があります

3. エッセイ・ライティング
とにかくエッセイは書いて、書いて、書きまくることが大事。できれば誰かに書いたエッセイを添削してもらうとさらに効果が上がります。

音読が英語学習の常識を変える

英語音読が進んでいくと、英語学習の常識が変わります。「英単語の意味を日本語で覚えなければ」「文法を理解しなければ」「英文は和訳しないと」英語は分からないと言うのは、ただの思い込みだと気づきます。

聞いたり、読んだりする英語を、英語のまま理解できるようになるからです。

さらに音読が進むと、英語で考え英語でアウトプット「書く・話す」できるようになってきます。

いまの英語学習法 つまり「単語暗記、文法学習、英文和訳」だけでは英語を実践的に使えるようにはなりません。なぜなら いま行われている英語教育は、本来は「単語暗記、文法学習、英文和訳」の1階建て部分の学習を終えた後に、インプットした「知識」を自動的に使えるようにする2階建て部分のトレーニングが必要な構造になってるんです。

ところが多くの中学生が単語の意味を覚えるだけ、どんな文法があるのかを知るだけの知識のお勉強だけで 英語学習 が終了してしまっているんです。だから英語を実践的に使えるようにならないんです。

では 単語暗記と文法学習を終えてから、英語を使う練習を始めればいいかと言うとそうでもないんです。だって、2階建て方式ではとても時間が足りないから。

これをスッキリと解決してくれるのが「英語音読」と言うワケなんです。

英語を音読することで、語順、言葉の使い方、文法を、音の響きや字面、イメージなどによって自然と脳にインプットしながら、アウトプットする。これを大量にくり返して行うことで、定着化させるんです。

これこそ が英語学習の真骨頂だと英語塾 ABCは思うんです。

英語を英語のまま理解する

英語塾 ABCでは 大量の英語本を音読し、英英辞書で意味を調べ、英語で要約を書くと言う 4技能英語学習法 により、日本語を介入させることなく英語を英語のまま理解するための回路を構築するトレーニングを行っています。

これは英語ネイティブが英語を習得していくプロセスを日本にいながら再現できる画期的な方法です。しかも 英語ネイティブのように英語を英語のまま理解し、アウトプットできるようになるのでかなりオススメなんです。

英語を英語のまま考えることができるようになると、長文読解を難しくする三大要因を一気に解決できます。そもそも この三大要因を作っているのが、英語を考えるときにわざわざ日本語を介入させることだったりします。

英語をいちいち日本語に訳すことは、時間的にも労力的にもロスを生みます。そもそも英語が持つ本来の意味を日本語では訳しきれないんだから、無理に訳す必要なんてないんです。英語は素直に英語で受け取ったほうが、実はシンプルで簡単なんです。

日本語で訳すために英単語の意味を日本語で覚えたり、英文を和訳することが目的になってしまう勉強法では、英検2級 や 大阪府公立高校入試 英語C問題 を攻略できません。

英語塾 ABCでは単語の暗記をしません。英文の和訳もしません。文法の解説もしません。英語本の音読を基本とした 4技能英語学習法 を、1週間に1回(3時間)のレッスンと毎日30分程度の自主トレで実践しています。このトレーニングによって英語を英語のまま理解できる新しい回路を構築し、小学生が 英検2級 や 英検準1級 に合格できる英語力を身につけることができているんです。

「英語脳」について

英語教育の雑誌や本でよく見かける「英語脳」。英語塾 ABCでは「英語を英語のまま理解できる」ことが つまり「英語脳」ができてる状態だと考えています。この「英語脳」についての専門的な説明は下記書籍をご参考ください。

『英語脳』をつくるには、
・日本語ネットワークの活性化を抑える
・使われていない神経ネットワークを英語モードにチューニングする
という過程を経る必要があります。
そうすれば、脳が勝手に英語を学び、『英語脳』がつくられていきます。

英語は逆から学べ!苫米地英人 著

大阪府公立高校入試 英語C と 英検2級 の対策は同じ

英語C問題 が難しいと感じるのは ①大量の長文読解 ②英作文 ③時間が短い の3つが大きな理由。英語Cは、リスニング、長文、英作文を抑えておけばある程度スコアを取ることができます。

つまり 「英検2級合格 オススメ学習メニュー」は 英語C にも 英検2級 にも通用するトレーニングメニューなんです。

そもそも 長文読解を難しくする三大要因が ①ある単語、ある文章が理解できなくて思考が止まってしまう。②とりあえず読み終えたけど全体の内容をつかめていない。③時間が足りない なんです。英語音読はこれらの要因を一気にクリアしてくれるんです。

大量の英語本を音読することで、長文の中の特定の単語、特定の文章が理解できなくて、そこで引っかかってしまう。長文の全体が読めなくなってしまう。思考が止まってしまうなんてことがなくなり、全体の内容をちゃんとつかめるようになるんです。

そして いちいち日本語に訳したりしないから時間が節約できるんです。

これは、英語が得意な人にしかできない高次元の話ではなく、英語が苦手、英語がキライと思ってるキミにこそ知ってほしい勉強法です。

英語塾 ABCの1日講習を受講してもらいたい

英語塾 ABCの子どもたちは「単語の暗記」「英文の和訳」「文法学習」のテッパン英語学習をしません。

その代わりに 英語本の音読を基本とした 4技能英語学習 を行なっています。そして 小学生が 英検2級(高校卒業程度)や 英検準1級(大学中級程度)に合格できています。

大阪府公立高校入試 を目指すキミ、特に英語C問題を受験するキミたちも、このテッパン英語学習から脱却して、英語本の音読を基本とした 4技能英語学習法 を今すぐにでもスタートしてほしい。

そのためにも 英語塾 ABCの1日講習を受講してもらいたい。

ほとんどの小学生、中学生が経験したことのない「目からうろこ」の 4技能英語学習法 を知ること、それを習慣化させることで英語学習に対する考え方が180度…いや、540度!か・わ・り・ま・すっ!

英語塾 ABCの 4技能英語学習法 はとてもシンプルなので習慣化することさえできれば、一人で、自宅でトレーニングを継続することだってできます。

英語塾 ABCの 4技能英語学習 を正しい方法で行なうことができれば 英検2級 も 大阪府公立高校入試 英語C問題 もちゃんと攻略できます。

「入塾説明会」をご希望の方はこちらから

\お電話はこちら/

0798-64-5528

受付時間 9:00-21:00