英検準1級の合格点

英検協会のサイトに合格基準点が公開されてるんだけど何のこっちゃよく分かんないんだよね。

合格基準点: 1792

技能ごとの満点スコアと一次試験の合格基準点

Reading
750
Listening
750
Writing
750
合計
2250
合格基準点
1792

1級合格基準点

ね。なんのこっちゃだろ?英検協会が独自に算出する数値CSEスコアを使ってるからオレら一般人には訳が分からないのさ。結局どれだけ正解すれば合格できるのかこれじゃ分からないワケ。だからABC KIDSの貴重なデータを公開しちゃうぞ。

データ公開!

どこに合格ラインがあるのかが分かるように「ギリギリ合格者」と「ギリギリ不合格者」の成績を公開する。参考にしていただきたい。

(A) 2018年度 第1回

一次試験結果: ギリギリ合格

Reading
571/750
Reading
558/750
Reading
682/750
一次合計
1811/2250
英検バンド
GP1 +1

技能別正答数

Reading
21/41問
Listening
15/29問
Writing
15/16点

Writingで15/16点獲得できたことが勝因なんだ。

1級合格基準点

英検 合格ヒストリー

英検 準1級や1級の合格を目指すためには長期プランが必要だ。しかし残念ながら長期プランを持つ英検 チャレンジャーは驚くほど少ない。

わが子が上位レベルである準1級や1級を取得するのにどれだけの期間が必要なのか、いつからトレーニングを始めれば目標を達成できるのか。ABC KIDSの成長のキセキはその道しるべになるだろう。

英検 対策

ねーねー英検 チャレンジャーのみんな、合格するためには何をしたらいいと思う?って問うと「文法を勉強して、単語を暗記して…」と言う。だが今こそすべての日本国民に告ぐ!英検 だろうが受験だろうが英語学習の基本は「たくさんの英語を聞く、読む、書く、話すこと」だ。

英語塾 ABCでは文法を教えない。日本語訳しない。単語暗記しない。それでも小学生がちゃんと英検 に合格できている。それはただただたくさんの英語を聞き、読み、書き、話しているからだ。



次の記事

T.M. 成長のキセキ