英検準1級 は 大学受験 に通用する!名古屋市立大学薬学部に合格した子が語った英検の有利さ

英検準1級 で名古屋市立大学薬学部に合格しました!英検準1級 は 大学入学共通テスト に通用する

中学受験が終わってすぐ英語塾 ABCに入会した Yuukiは、高校1年生の1学期に 英検準1級 に合格する。

英語経験ほぼゼロで、英検への関心さえもゼロだった中学1年生が、入会後わずか8ヶ月で人生初の英検(4級)を受験し、合格したことをきっかけに、段階的な英検受験を進めていくことになる。

順調にグレードを上げた Yuuki は、高校1年生の1学期に「大学中級程度」と言われる 英検準1級 合格 を果たす。

この記事では、英語経験ほぼゼロだった Yuuki がわずか3年で 英検準1級 を取得し、その英語力を武器に 名古屋市立大学薬学部 への合格を果たしたその道のりを公開する

英検各級のレベルと必要語彙数
英検各級のレベルと必要語彙数

Yuuki

2015年3月入会(新中1)

【英語経験】ECC歴1年(英検なし)

プロフィール

大阪教育大学附属池田中学校(大阪府)に通いながら、英語塾 ABCでのびのびと英語を習得していく。自主トレ(宿題)を欠かさず行い、レッスンもほぼ休まず受講。しっかりと 4技能英語 を身につけた結果、忙しいはずの中学生がわずか3年で 英検4級 から始めて「大学中級程度」と言われる 英検準1級 に合格した。大学受験はその英語力を活かし、名古屋市立大学薬学部、東京理科大学、立命館大学薬学部、東京薬科大学、大阪薬科大学に合格!

Profile Picture

英検準1級 合格ヒストリー

英語経験ほぼゼロ・新中1からのスタート→ 中1・2学期に英検4級 合格 → 高1・1学期に 英検準1級 合格
英語経験ほぼゼロ・新中1からのスタート→ 高1で 英検準1級 に合格

2015年3月 英語塾 ABCに入会した Yuuki(新中学1年生) の英語経験はECC歴1年 … ほとんどゼロだった。

入会当時の Yuuki には 英検への関心は全くなかった(現在でこそ英語塾 ABCの全生徒さんが英検を受験しているが、当時は受験率60%くらいだった)。

ところが、他の生徒さんが英検にチャレンジすることになり、講師の1人が Yuuki にも英検受験を強く、強く、強く、勧めた(笑)。

入会後7ヶ月で初めて 英検4級 を受験、そして合格した Yuuki は以降も英語力の測定のため、英検へのチャレンジを続けることになる。

そしてついに 高校1年生の1学期に 英検準1級 に合格、その英語力を武器に大学受験を成功させたのだ。

2015年3月入会(新中1)
英語経験:ECC歴1年、英検なし(小4)
2015年10-11月(中1)
英検4級 合格
2016年6-7月(中2)
英検3級 合格
2016年10-11月(中2)
英検準2級 合格

英語力が順調に向上しており興味をもって楽しく受講できているようです。楽しみながら学習しているので長く続けられそうです。

【お母さまの声】2016年 YUUKI のお母さま
2017年6-7月(中3)
英検2級 合格
2018年6-7月(高1)
英検準1級 合格

英検が受験で利用されるようになった今の時代、英検は持ってなきゃ「損」とまで言われ、多くの小・中学生が 英検2級 や 英検準1級 に合格している。

例え、お勉強イヤイヤな子でも、英検への興味・関心がゼロな子でも、正しく英検を利用すれば英語学習に対するモチベーションが芽生え、Yuukiのように 英検準1級 や 英検1級 を目指すようになる。

英検2級以上に合格するには、文法・暗記・和訳だけの英語学習ではなく、4技能英語学習が必要であることから、将来的に使える英語が身につく。

英検受験は利点が多く、小学生から段階的に受験しておくことがオススメだ。

英検準1級 は大学受験に通用する

Yuukiが英語塾 ABCに入会した目的は大学受験にも、海外にも通用する英語力を身につけることだった。

英検受験には全く興味のないYuukiだったが、英語力向上の証として中学1年生から「英検受験」を段階的に進めてきた。

忙しい中学生でありながら、レッスンはほぼ休まず受講、自主トレ(宿題)もできていたため、高校1年生の1学期には「大学中級程度」と言われる 英検準1級 に合格できた。

英検準1級 に合格したYuukiは、高校2年生の終わり(2020年2月)まで英語塾 ABCのレッスンを受講し、大学受験に通用する英語力をキープした。

残念ながら 英検1級 合格には至らなかったが、その英語力は大学受験で大いに有利となった

英語塾 ABCを辞めてから大学受験までの1年間、Yuuki がどんな受験勉強(英語)をしていたのか聞いた。

ABC講師

受験に向けてどんな勉強(英語)をしたの?

Yuuki

英語はほとんど、勉強してません(笑)

ABC講師

えっ、そうなの?

Yuuki

英語の代わりに、数学の勉強をしてました(笑、笑)

Yuukiは、高校1年生の1学期に 英検準1級 に合格し、高校2年生の終わりまで 英検1級 合格を目指して英語塾 ABCに通っていた。

しかし 英語塾 ABCを辞め、高校3年生では英語にほとんど触れていないと言う(驚)

さらに驚いたのが、大学受験までの1年間、英語に触れることなく他教科に専念していても、大学入学共通テスト・英語でのスコアは90点台だったと言うこと。

高校3年生と言う受験生が最も焦り、追い込みをかける1年間に、英語に使う時間をまるごと他教科に費やすことができる!そう、そう、これが正に英語を先取りする最大の利点だと私たちは考えている。

英語は唯一、大学受験に向けて先取りができる教科であり、先取りすればするほどその恩恵は大きい。

Yuuki は、中学校入学前からスタートした英語本の音読により、英語を英語で理解する / アウトプットする力を身につけ、 英検準1級 合格だけじゃなく、大学入学共通テストにも通用する英語力を身につけていたのだ。

さらに、大学で留学したいと考える子どもが増えた今の時代、すでに4技能英語力を備えている Yuuki は、英語を理由に留学を諦める必要がないのだ。

そう、英検はお勉強としての英語ではなく、4技能英語を備えていることの証だから。

子どもたちには日本という小さな枠に留まることなく、視野を広げ、大人たちが見たことのない世界で、自由な発想で活躍の場を広げてもらいたい。

英検準1級で 薬学部 合格!

英検準1級 に合格した英語力を武器に大学受験に挑んだ Yuuki が進学したのは、名古屋市立大学 薬学部 だ。

他にどんな大学を受験したのか聞いてみると、下記4大学を教えてくれた。

  • 立命館大学薬学部
  • 東京理科大学薬学部
  • 東京薬科大学
  • 大阪薬科大学
ABC講師

結果はどうだった?

Yuuki

全部、合格できました😆

Yuuki

立命館大学は 英検準1級 で、英語が満点になるんです!

参考:英検準1級利用で英語が満点になる!立命館大学の「入試案内2022」

立命館大学のように 英検準1級 に合格していると入試が「お得」になる大学がある。

英検を利用することで、1校でも安心できる受験校があると、受験生にとっても、親にとっても、心の安定につながる。

だから「英検なんて持ってなくても」なんて言ってないで、できるだけ早く 英検準1級 に合格して、受験を有利にしないかい?

いつから始める? 英検準1級 対策

立命館大学に限らず、 英検準1級 利用の大学入試はとても有利だ。

そこで、よくこんな質問をいただく。

中1生・Rさん

いつから 英検準1級 の対策を始めればいいですか?

この質問に対する英語塾 ABCの答えは、

ABC講師

小学校卒業までに 英検2級 合格、中学で 英検準1級 合格です

高校生になって初めて 英検準1級 を受験するなんてことは、過去の経験から、肉体的にも、精神的にも、本当に、本当に、本当に大変なことだから、何とか避けてもらえないだろうか?

英検協会によると 英検2級 は「高校卒業程度」、 英検準1級 は「大学中級程度」とされている。

小・中学生のころに英会話を習っていたから英語には自信があるという高校生が、大学入試に 英検準1級 を利用したいと、高校2年生の夏から対策を始めたことがあったが、合格するまでにまるまる1年びっちりかかりましたよ。それも週3回のレッスン受講でね…

それで思うわけですよ。

英検はね、余裕を持って、ラクに、ラクに合格できてこそ、真の価値があるってね。

子も、親も、講師も、全員がもっと余裕を持ってラクに 英検に合格できる方法があるんじゃないかってね。

それが、

ABC講師

小学校卒業までに 英検2級 合格、中学で 英検準1級 合格です

なんです。

これが最も効率的であり、英検の恩恵を最大限に受け取る方法なんです。

お願いだから、早く始めてー(涙)

ギリギリに始めても何もいいことないからー(涙)

Pleaaaaaaaaaaaaaase(涙)

小学生から英語学習を始める理由

これまで多くの小・中・高生の英検合格をサポートした経験から、子どもたちがよりラクに 英検準1級 に合格し、英検の恩恵を受け取るには、小学2年生か小学3年生から英語学習を初めて、小学校卒業までに 英検2級 に合格、中学で英検準1級 に合格することだ。

中1生・Rさん

なんで、小学校卒業までに英検2級?

ABC講師

中学生から英検受験を始めると、本当に苦労するんです…

ABC講師

1. 中学生は定期テストや部活動で忙しい

中学生は年に4〜5回、定期テストがある。

テストの1週間前とテスト週間の2週に渡って、テスト対策に時間を割くことになる。それはつまり 2ヶ月に1回、2週間ほど学校の定期テスト対策に時間を割くことになるってことなんだよ。

その上、部活動の大会や合宿、学校のイベントなどでますます英検対策に必要な時間が減る。

単純に、小学生に比べて中学生はとにかく忙しく、英検対策に集中する時間が少ないのだ。

ABC講師

2. 中学生は親のコントロールが及ばない

小学生はどんな子でも「親に勉強しなさい!」と言われたら、イヤイヤでも多少はする。

ところが中学生になると親にどれだけ「勉強しなさい!」と言われても、ガンとして言うことを聞かない。反抗期を迎えようものなら、コントロールはもう不可能だ。

ただでも英検対策に使える時間が少ない中、英検対策に意識が向く可能性はゼロに近いだろう。

ABC講師

3. 中学校で英語の授業が始まる

中学校で英語の授業が始まると「文法理解」「単語暗記」「英文和訳」のクセがついてしまう。

英検準2級、英検2級、英検準1級とグレードアップするにつれ、「文法理解」「単語暗記」「英文和訳」のクセが英検合格を阻むのだが、英検に合格したいと思えば思うほど、文法・暗記・和訳の罠にハマっていく。

中学校の英語の授業では単語の意味を日本語で暗記すること、英文を和訳することが当たり前となっているため、子どもたちは皆、英語を日本語で理解しようとする。

しかし英検は、たくさんの英語を読んでたくさんの設問に時間内に答えないといけないから、いちいち和訳なんてしてたら、制限時間内に問題を解くことなんてできない。

リスニングも級が上がるにつれ、ネイティブ並みのスピードになるから、英語を和訳してたら、英語はどんどん流れてくるからね、聞き逃してしまうんだよ。

英検合格のためには、英語を日本語で理解しようとしてはいけないんだ。

そして 英検合格を大きく阻むのが中学英語のテッパン、文法中心の学習だ。

文法が悪いとは言わないが、文法を学び始めると、とにかく文法に強いこだわりを持ってしまって格となる英語の感覚がないがしろにされてしまう。

文法を気にして英語が書けない、文法が気になって英語を話せない、文法が気になって文章の大意がつかめない。ルールを理解することに時間を使いすぎて、実践をないがしろにしてしまうんだ。

だから「文法理解」「単語暗記」「英文和訳」のクセがつく前、つまり小学生の間に英語に触れる時間をたっぷり確保し英語を英語で理解する力や英語の感覚を身につけておきたいのだ。

文法を学ぶのは、英語を英語のまま理解する力がついた後で十分だ。

英検準1級 に合格する勉強法

英検準1級 に合格するには、たくさんの英語を聞き、読み、書き、話す練習をすることだ。

英語塾 ABCでは、英語本の音読を通じて「たくさんの英語を聞き、読み、書き、話す練習」を行っている。

正しい発音を聞きながら、聞いた音と同じ音を出せるように練習をする。音読できるようになったら、単語の意味を英英辞書で調べる。本の内容を講師とディスカッションする。本の要約を英語で書く

ABC講師

このトレーニングで重要なのは日本語を介さないこと

単語の意味を日本語で調べたり、暗記するんじゃなくて、英英辞書を使って意味を調べ、用例を何度もまるっと音読することで使い方を覚える。こうやって単語の持つ意味を感覚的にイメージできるようにする。

内容が理解できてるか?も和訳するんじゃなく、講師とのQ&Aで確認する。さらに要約を英語で書くことで、文法説明をしなくても正しい文章が書けるようになっていくのだ。

これは、赤ちゃんが言葉を学ぶプロセスと同じで、それを再現している。

こうやって、ネイティブのように英語を英語のまま理解できる力を身につけ、英語でアウトプットする力を身につけることで英検に合格できる力をトレーニングしている。

英語を英語のまま理解するなんて、帰国子女にしかムリだと思っている人が多いが、正しい方法でトレーニングすれば、誰だってこの能力を身につけることができる。

(見逃し厳禁 !!)英語経験ゼロの小学生がたった1年で 英検2級 に合格できた 英語勉強法↓↓↓